TEL : 048-949-7500 お問い合わせはお気軽に!
営業時間: 10:00~18:30 定休日: 日祝日 月一不定休あり

ボディーコーティング

コーティングについて コーティング作業の手順 コーティング用語解説

コーティング作業の手順

  1. 自然光とコーティングルームの照明で塗装の状態をチェックします。さらに光沢・膜厚・傷を確認し、磨きの段取りを決めます。
  2. エンブレム・ナンバーまわりなど、細部の汚れを除去します。 ※状態により価格が変わります
  3. 通常洗車では落ちない汚れを専用の薬剤によって除去します。 ※状態により価格が変わります
  4. タイヤホイールを専用の薬剤にて洗浄します。 ※状態により価格が変わります
  5. ホイールハウス(フェンダー内側)を洗浄します。
  6. ドア・トランク・ボンネット給油口などの内側部分を洗浄します。 ※状態により価格が変わります
  7. 鉄粉・ピッチタール・虫及び付着物を専用の薬剤にて除去します。 ※状態により価格が変わります
  8. ガラス面の油膜・シミを除去します。 ※状態により価格が変わります
  9. 車の状態によって使用する洗剤を選び、洗車します。さらに車の肌を中和し、脱脂洗浄をします。 ※状態により価格が変わります
  10. ウィンドウ撥水コーティングを塗布します。 ※状態により価格が変わります
  11. エアーで水を切り、丁寧に拭き上げます。
  12. 隙間なくマスキング処理をし、コンパウンドの飛散および傷を防止します。
  13. 洗車で落ち切れなかった黒ずみや汚れを確認し、徹底的に除去します。
  14. kurozumi3 kurozumi2 kurozumi4 kurozumi

  15. 磨き作業に入ります。ボディ全体・細部にかけてダメージに合わせて磨きあげます。さらに脱脂を数回施していきます。
  16. シャンプー洗車&脱脂をして、磨きの際のコンパウンドを除去します。
  17. エアーで水を切り、丁寧に拭き上げます。
  18. 乾燥させて、最後の脱脂をします。
  19. コーティングを塗布するのに最適になったボディに手塗り/機械塗りしていきます。
  20. ヒーターにて焼き付けをします。 (コーティングの種類により)
  21. ホイール焼き付け処理1 ホイール焼き付け処理2 ホイール焼き付け処理3 ホイール焼き付け処理4

  22. ボディを拭き上げてから、各部点検をします。
  23. 最後に室内クリーニングです。 ※状態により価格が変わります
  24. 全体チェック
  25. 完了/お引渡しとなります。

※作業手順は行う作業により変わり、追加作業も御座います。

コーティングの秘密

■室内で行うのは何故?

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%88%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%e5%a4%89%e6%9b%b4%ef%bc%89

当社では、塵や砂など自然の付着物の影響がない“クリーンルーム”を完備しています。
エアコン完備により温度・湿度管理のもとコーティング施工を施します。

■いろいろな種類の照明

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%93%ef%bc%88%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%e5%a4%89%e6%9b%b4%ef%bc%89

コーティングルームには、「メタルハライドランプ」「ハロゲンランプ」「ナトリウム灯」「蛍光灯」「LED」を設置しています。様々な照明の光を当てることで普段は見えない傷やシミなどを確認することができます。

画像以外にも様々な環境に対応した照明を用意しています。


■計器と塗装機械

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%88%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%e5%a4%89%e6%9b%b4%ef%bc%89

img_3821%ef%bc%88%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%e5%a4%89%e6%9b%b4%ef%bc%89

img_3817%ef%bc%88%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%e5%a4%89%e6%9b%b4%ef%bc%89

肉眼では塗装の厚みを確認する事はできません。
同じように塗装されているように思われがちですが、実際は場所によって塗装の厚みが違います。
“膜厚計”を使用して数値を計り、削り過ぎて下地を出さないように細心の注意を払います。
また、コーティングの性能を最大限引き出すためのカーボンヒーターも完備しております。